アディクションカレッジ活動日誌

2012年04月『第1回公開講座 お酒と健康 ~アルコール依存症とはどんな病気か~』

 平成24年4月26日、アディクションカレッジの開校にともない公開講座を行ないました。普段のアディクションカレッジは依存症という診断を受け、主治医から許可が出た患者さんしか参加はできません。これは、理由がありまして、依存症の治療はまず本人のやる気が不可欠なこと、ある程度心と身体の状態が落ち着いていることが大前提だからです。ともに学び、ともに訓練し、ともに支えあう・・・そのための集団治療の効果を発揮するためにはいつでも誰でも自由に参加、というわけにはいかないのです。

 しかしこの公開講座は患者さんに限らず一般からの参加も大歓迎、依存症と言うものについて知りたい方々が集まりました。アディクションカレッジのメンバーだけでなく、その友人や他の病気で通院されている方、他の病院の医療スタッフさんたちも足を運んでくださいました。

 今回の内容はタイトルにもあるとおりで、まずはお酒と言うものの良いところ・悪いところを整理した上で、なんとなくわかるようで理解するのは難しい「依存症とはどんな病気か」ということを様々な角度から考えて見ました。お酒は私たちの身近にあるものであり、お酒を飲む人にとって依存症はけして他人事ではない病気、少しでも参加してくださった方々に理解を深めていただけたなら嬉しいです。

 そんなこんなで終了した第1回公開講座。また夏にでも第2回をやれたらいいなと思ってます。

第1回公開講座

空知プレスさん、取材を頂きましてありがとうございました。・・・緊張しました。

【音声】(再生時間 4:36・4.4MB)

一覧に戻る | 次のページ