専門看護師・認定看護師案内

■老人看護専門看護師

皆さんこんにちは。
私は、平成28年に老人看護専門看護師の認定を受け、現在は認知症疾患医療センターに所属し、もの忘れ外来、認知症治療病棟、認知症デイケアなどで奮闘中です。
認知症になっても住み慣れた地域で生活できるように、初期診断後のサポート、勉強会の開催や様々な相談もお受けしております。地域の皆さん、専門職の皆さん、どうぞお気軽にご相談ください。

【院外活動】

  • 精神科病院から自宅や介護施設へ退院した認知症高齢者への看護、日本老年看護学会第21回学術集会,2016.
  • 拒食のあるレビー小体型認知症高齢者へのケア ―1事例を通しての取り組み― ,第18回日本認知症ケア学会大会,2017.
  • 地域住民、専門職を対象とした認知症ケアに関する講演、研修会の開催。

認知症疾患医療センター 主任 澤田萌

■認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師の役割は、認知症の人の自己決定を支援し権利を守ること、生活環境を整えること、などです。 当病院に入院する認知症のかたが、これまでの人生で何を楽しみ、何に信念を持ち、どのように生きて、今なにを感じているのかという「人間の豊かさ」を大切にした関わりを目指して日々病棟スタッフとともに努力しています。 認知症のかたが、安心して治療をうけられ、再び元居た場所での生活に戻れるよう、また、ご本人が望む最後を迎えられるよう支援してきます。

5階メープル病棟 認知症看護認定看護師 平井 奈津子

■認知症看護認定看護師

平成29年に北海道医療大学認定看護師研修センターを卒業し、認知症看護認定看護師となりました。研修センターでは、認知症看護の中でも、興奮し、攻撃的になってしまう方や、自分の思いを上手く伝えられない認知症者の気持ちをくみ取り、環境を整えることについて深く学んで来ました。認知症をもつ患者さん自身の気持ちを大切にして、患者さんが出来る事は何か、もてる力をなくさないように援助していきたいと考えています。また、患者さんの思いを職員間で共有し、ご家族の方に伝えていきたいです。具体的には、患者さんと対話しながら、入院生活を少しでも楽しめるように患者さん一人一人に合った援助をスタッフ全員で行えるように努力します。

4階カメリア病棟 認知症看護認定看護師 小野寺 亮太